ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

これぞ極上の中毒性ファンク!!
RECOMMEND
ナウ
ナウ (JUGEMレビュー »)
ボビー・リー・ロジャース&ザ・コードトーカーズ
聴いた瞬間,脳みそバァァーン!!ギターめちゃうま
RECOMMEND
Apple iPod classic 80GB ブラック MB147J/A
Apple iPod classic 80GB ブラック MB147J/A (JUGEMレビュー »)

音楽好きはケチってnanoだと絶対後悔!容量不足に泣きを見ます。
ブログランキングなど
人気ホームページランキング

ブログ検索
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
Van Hunt: Hole in my heart
ヴァン・ハントの「On The Jungle Floor(CCCD)」に収録

3rdアルバム発売中止になっちゃったから
仕方が無く1stと2ndを聴くしかないヴァン・ハント

でもって悔しいかな,飽きないんだわ,これが…

この「Hole in my heart
私の中では
音の質感,雰囲気,アレンジからして
勝手にクリスマスソングだと思ってるの
とはいっても
彼女に振られて
恋の引きずり隊長になった男が主人公

ボーカル,コーラス,鳴っている楽器のすべてが
穏やかで,ふんわり優しい
リズムは
彼女に振られた男がとぼとぼと彷徨い歩くようでもあるし
世の中で何が起ころうと
昔から変わることなく時間は淡々と刻まれますよーと言われているようでもある

隠れた名曲です
| 音楽 | 23:15 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
Amp fiddler: If you can't get me off your mind
アンプ・フィドラーの「Waltz of a Ghetto Fly」に収録

彦磨呂なら
「 こりゃぁ!
  キーボードの
  ブイヤベースやぁぁぁ! 」
と雄叫びを上げると思う。

いろんなキーボード音が
生命体の如くウネウネうごめいていて
グルーブの固まりみたいな曲なんだけど
いい具合にポップさが加わった仕上がりが最高

オルガン以外のキーボードの音色は
素人の私には何の音か分からないけれど
その一音一音が
「 生きてるなぁ
  お!
  お前も生きてるねぇ!
  よ!
  あんたも活きがいいねぇ! 」
と声をかけたくなるくらい,黒い…

どれも聴き逃すのが勿体なくて
曲を何度もリピートしては
それぞれの音色を舐めるように聴いてしまう
| 音楽 | 22:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Anthony Hamilton: Do you feel me
映画「アメリカン・ギャングスター」のサウンドトラック
American Gangster」に収録

聴いた瞬間,
「 おい!!
  どこの誰が歌ってる何て曲だ?! 」
って居ても立ってもいられなくなる,あの衝撃

映画館出た後
カール君ばりのダッシュでタワーレコードに直行したわ…

映画「アメリカン・ギャングスター」中
主人公のフランク・ルーカスが経営するクラブに
煌びやかな衣装を纏った当時のスーパースター風黒人シンガーがご来店

「何だこの胡散臭いヤツは…」と思った瞬間…

スモーキィなオルガンと濡れたギター
'70年代の雰囲気が香り立つドラム,ホーン,ストリングス
で,そんな完璧でいい匂いがぷんぷんの演奏をバックに
ダニー・ハサウェイ風の優しくもソウルフルな歌声を絞り出す
とっても胡散臭い黒人シンガーこそが
アンソニー・ハミルトンご自身だったそうで…

そして,その音と映像が美しいことこの上ない

上質のライブ会場にいるときにしか感じることのできない
じかに本物のヴァイブを肌で感じつつも
まさに自分の目の前でアーティストが歌い,演奏していることに興奮しすぎて
視覚と聴覚に入るものすべてが夢見心地なあの感じ
それをそのまま体感できる見事な音と映像なのよ…

ほんと,
この「Do you feel me」の演奏シーンを観ていたときは
あまりの曲と映像の美しさに
時間が止まっちゃってたなぁ…
| 音楽 | 00:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Jack Johnson: Flake
ジャック・ジョンソンの「Brushfire Fairytales」に収録

台風が過ぎ去った後の海辺の町
辺りは荒涼としているけれど
徐々に晴れ間が見え始めて
街もやっと動き始めたような
あの希望に満ちた素敵な感じ

澄んだ空気に響きわたるような
スティールパンとドラムの音色や
ジャック・ジョンソンの柔らかくて優しい歌声と
じわじわと熱を帯びてくるギターカッティングを耳にすると
そんな風景が必ず目に浮かぶ

曲にグルーブエキスをたっぷり加えてくれる
ベン・ハーパー兄貴のスライドギターは
前半はメロウに,後半はファンキーに冴えわたる

何回聴いても飽きないわ…
| 音楽 | 18:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ゴールデンスランバー
ただでさえ
あの手この手で読む者の度肝を抜いてきた
伊坂幸太郎の新作「ゴールデンスランバー」は
伊坂幸太郎的に娯楽小説に徹したらどうなるか」と銘打って出された作品だけに
傑作じゃないわけがない

構成の巧さ
個性輝く登場人物たち
ただ洒落ているだけでなく説得力十分なセリフの数々
CGを駆使したハリウッド映画でさえ
太刀打ちできないほど疾走感に溢れ,息をのむ展開

ほんと一行一行読むたびに
伊坂幸太郎の大天才に
ため息を吐いて感心せずにはいられない最高傑作

いやぁ,それにしても
伊坂作品の特筆すべき点は
その登場人物たちの口から飛び出る素晴らしいセリフの数々なんだよなぁ
それらはみんな
様々なキャラの人物たちから発せられているけれど
伊坂幸太郎という作者が魂を込めて放つ
それはそれはとても熱いメッセージだと私は思っている

当たり前にすべてがフィクションで
すべての登場人物が架空の人物なんだけど
伊坂作品を読むたびに,
「人間捨てたもんじゃねぇなあ…」
と必ず思っちゃう

伊坂作品を読むことを通じて
私は勝手に「伊坂幸太郎の物事の考え方」というものを頭に描き
その「伊坂幸太郎の物事の考え方」に惚れきっている。
この人は,本当に人間について真剣に考えている作家だと思う。

ちなみに
この「ゴールデンスランバー」の中で
私が一番好きな登場人物は,「青柳平一

この超強烈キャラの主人公の父親は
重力ピエロ」に登場する主人公の父親とは
表面的には全く異なるキャラクターに見えるけれど
物事の考え方の根っこの部分は全く同じだと思う

この「青柳平一」が語るセリフには何一つ間違った言葉はありません
P429からP432のシーンなど涙なしには読めなかった
そして,その中にある
「いいか,大変,面倒なことになっております」
のくだりには,声を出して笑わずにはいられなかったわ

「父親とこうあるべきだ」という最高のモデルです

オチが分かってしまっても何度でも読める
エンターテインメント小説の中でもウルトラ最高傑作です。

[関連記事]
伊坂幸太郎: 重力ピエロ
| | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
椎名林檎: 茜さす 帰路照らされど…
椎名林檎の「無罪モラトリアム」に収録

何のCMだったか覚えていないけれど
単純に耳に残って
もの凄く素晴らしくて切ないメロディーの曲

はい!勝手な想像しまーす!

たぶん
この「茜さす 帰路照らされど…」の主人公は女子高生
学校帰りに
渋谷のスクランブル交差点のど真ん中あたりで
また明日会えるのが確実だけど
大好きで仕方がない彼が自分の家に帰っていくのを
バカでかいヘッドホンで
切ないメロディーの曲を聴いて涙しながら見送っている
そんな一瞬の場面を切り取った曲

はい!ベタですいませーん!
すいまてぇ〜ん…
| 音楽 | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Sly & the family stone: You can make it if you try
スライ&ザ・ファミリー・ストーンの「Stand!」に収録

「やればできるさ」

単純すぎるかもしれないけれど
これ以上素晴らしい言葉はないわ

どんなに行き詰まっても
どんなに落ち込んでも
どんなに自分が無力に感じても
具体的な言葉じゃないけど
この言葉を繰り返し念じれば
たぶん,僅かながらも道は開けると思う

実際,私はそうだった…

決して
あからさまに気分を煽り立てるメロディーではないかもしれないけれど
規則的に力強いベースラインと
安っぽくもやる気を弾き上げるようなギターカッティングに
少なからず魂を鼓舞された人たちが
世界に溢れていることは間違いないでしょう

You can make it if you try

埒があかないとき,まずは呟いてみて…
| 音楽 | 23:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Ben Harper: With my own two hands
ベン・ハーパーの「Diamonds on the Inside」に収録

ベン・ハーパーという男は
どこの誰から,何と言われようが
「Love & Peace」は単なる理想じゃないということを
揺らぐことのない燃えるように熱い心で信じているのがビジビシ伝わってくる名曲

ボブ・マーリーというよりも
ピーター・トッシュ的やんちゃで攻撃的なレゲエビートは
カーティス・メイフィールド「Billy jack」に漂う
あの緊張感たっぷりでタイトな雰囲気にも通じるものがある

切れ味鋭いオルガンやギターカッティングの音色が抜群に格好いいし
ギターソロでは相変わらず超個性的な
ベン・ハーパーオリジナルギターのファットな音色が冴えわたる

「 お前らのその手で
  世界を変えろ!!
  地球を守れ!! 」

この
一切飾らず
あまりにストレートな歌詞と
身体の真ん中にズッシリ響く骨太なビートを
全世界のすべての人間が本気で受け止めれば
冗談抜きで世界は変わると思う

| 音楽 | 21:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Stevie Wonder: Higher ground
スティービー・ワンダーの「Innervisions」に収録

スティービー・ワンダー全盛期の名曲の中でも
この「ハイアー・グラウンド」はファンク度数がかなり高め

ワカチャカなワウギター風のシンセと
上下運動激しいベース(シンセベース?)が,めちゃファンキー
このベースラインなんかは
たぶんソウライブニール・エヴァンス
たっぷり影響受けたんだろうなぁ…

2007年2月のさいたまスーパーアリーナでの来日公演で
この「ハイアー・グラウンド」のイントロが始まった瞬間
もう,観客総立ち
私は鳥肌総立ち,軽く尿漏れ

そんな風に,この上なく興奮していた矢先
2列前に座っていたおばさんの突然の叫び声
「 お前らァァ!座れェェェェェェッッ!!
  立ったら見えねェェェェェェッッ!!
  お前らァァイ!座れェェェェェェッッイ!!
  (以下,3回リピート) 」

3秒後には,ノアの箱船の話に出てくる海の道のように
そのおばさんの前方だけが,それはそれは見晴らしがよくなっていました

ねぇ,おばさん
お願いですから
ビリー・ザ・ブートキャンプに入隊してライブ用に足腰鍛えて下さい
| 音楽 | 22:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Soulive feat.Robert Randolph: Crosstown traffic
ソウライブの「Breakout」に収録

ソウライブロバート・ランドルフという世界最強,天下無敵,空前絶後なコラボ
しかも,ジミヘンのカバー

カッコよくないわけがない

ロバート・ランドルフのペダルスティールギターと
ニール・エヴァンスの高速ベースキーが自由奔放,縦横無尽に暴れ回るけれども
アラン・エヴァンス兄貴のタイトなドラムがボトムをグッと引き締める
(エリック・クラズノは今回は裏方かな…)

最強グルーブ軍団が
そこのけそこのけおいらが通ると言わんばかりに
前へ前へとガンガン突き進む

スピード違反必至のため
ドライブ中は再生厳禁の曲でございます

[関連記事]
Robert randolph & the family band: Ain't nothing wrong with that
| 音楽 | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/8PAGES | >>